理力の共にあらんことを

2005年7月9日 土曜日takafumi

行ってきましたEp3!!シス風邪ひいて見に行く予定だったわけですが…本気で風邪ひいちゃうとはびっくり。いやぁ、まいったまいった。火曜水曜あたりは本気でやばいかと思いましたよ。劇場は久留米のT-JOYでDLPなスクリーンへ。すでにレギュラー上映なのでレイトショーで行ってきました。封切り初日ということもあって、結構な人出。席の9割近く埋まってた感じでしょうか。でも、そのうちどのぐらいの人がDLP目当てだったかは不明です。ちょいと前にここにも書いてたドルビーのシステムはどうやら一番近いところで京都だったらしいです。さすがにそんなとこまで行けません。さてさて、肝心の映画ですが、綺麗というかクリアというか解像感があるというか、そんな感じでした。ナタリー・ポートマンの毛穴まで見えてた気がします。逆に、合成とかのシーンでフィルムではごまかせてた部分が浮いちゃってる?という部分もありました。でも、ヨーダはちゃんと生き物に見えました。フィルムと見比べればもっとイロイロ違って見えるんでしょうけど、とりあえずこんな印象。Ep2の時はマスターが孫だったとかなんとかいろんな話があったらしいですけど、デジタル上映ではジョージ・ルーカスが見たのと同じ(データから)画面が再生されてるはず!ってコトで納得しておきます。音については…どうでもいいです。(笑気にならなかったのでそれでOK。私にとって映画の音は聞くものじゃなくて聞こえてくるものなので、違和感がなければいいんです。あ、もちろん悪かったという意味ではありません。きっちり迫力ある音で聞こえてました。単に私が画面に集中してる、ってだけの話です。そしてストーリーですが…ストーリー知らずに見に来てる人いたんでしょうか??よく考えたら変な映画です。冒頭で「けして結末を語らないでください」なんて注意書きがわざわざ出てくる映画もあるっていうのに、この映画は誰でも結末を知ってます。アナキンがダークサイドに堕ちてダースベイダーになるお話です。主要人物で誰が生き残るかもだいたいわかってます。最後(?)の戦いが火山っぽい場所になることも20年以上前に聞いてます。なのに大人気。ストーリーがわかってる、とはいっても昔話とかシェークスピアとかとは違う感じです。不思議不思議。なにはともあれ、最後のピースが埋まりました。Ep4公開時に買ったライトサーベル、最後も買おうかな?(笑

まだまだ続いた 14連勝目

2005年7月9日 土曜日ani

楽天相手に前日はサヨナラと苦しい試合でしたが打って変わって18安打爆発のこの試合。球場のボルテージが最高潮に達したのは8回8番宮地を敬遠して2死満塁での鳥越との勝負。鳥越意地の3塁打!!!いやー盛り上る盛り上る。高打率レギュラーと違い期待値は少ないが井出・荒金・本間・鳥越・稲嶺らのヒットは又すばらしい。7/5 観衆26416 時間3時間37分

連勝は続くよ 7連勝目

2005年7月8日 金曜日ani

ひさびさ土曜日の試合、対日ハム観戦して来た。何時も平日ばかりなんで入りが早いんでビックリ。ところが此れもひさびさの延長戦・残塁16間延びするする。ホーム勝ち試合だと8回1/2だから2時間台も多かった今シーズン観戦するスタミナ減ってました。宿舎に帰るバスの日ハムの選手もくたびれてるみたいでしたが・・・。6/25 観衆33204 時間4時間47分

Sleipnir2 アルファ版

2005年7月5日 火曜日takafumi

もうすでにあちこちで話題になっとりますが、Sleipnir2のアルファ版が公開されてます。早速DLして試してみましたが、Geckoエンジンとの切り替えがえらくいい感じでした。以前はやっぱり無理やりだったんでしょうねぇ。普段Firefox使って必要なときだけIEを起動する、よりもSleipnirでGeckoをメインに時々IEの方がお手軽かも。現在公開されてるのはアルファ版なので機能としてはタブが使えるIE、って程度。しかし所々で指摘されてるようにjigブラウザとのお気に入り共有とJwordサービスはすでに搭載済み。むむむむむ。正直どっちも必要ない私としてはこの先ちょいと心配だったり。100歩譲ってjigブラウザは使わなきゃいいわけですが、Jwordは…勘弁してください。これってすでにインストールされてるんでしょうか?かーなり、イヤな感じ。もし、Jwordを強制インストールだったらSleipnirの価値消滅です…。とおもって掲示板を見に行ったらやっぱり大騒ぎしてました。んで、読んでみるとJword本体はインストールされなくて、バージョン1から同じ機能はあったらしいです。ホントかいな?と思って確認したら確かにバージョン1にもJword機能を有効にする、ってチェックボックスが。正式版リリース後、最新バージョンを追っかけなくなったあとに追加されたのかな?というわけでスパイウェアチェックしたら何も検出されませんでした。よかったよかった。

風邪の予定

2005年6月29日 水曜日takafumi

ファントム風邪、クローン風邪と流行しましたが、いよいよシス風邪で終了。もちろん感染予定です。エピソード2の時はTHXめあてに久山まで行っちゃいましたが…かなり期待はずれ。別にどおってコトありませんでした。もっとぐるんぐるん音が動きまくるかと期待したんですけどね。そして今回はエピソード2の経験から音はもう「それなり」でいいよ、と思っていたら割と近くにデジタル映写機器が配備されたらしいじゃないですか。噂には聞いたことがあったのですが、デジタルって実際どんなモンなの?と「ハウルの動く城」を見に行ってみたら…ぜんっぜんちがぅぅぅ!色がめちゃめちゃクリアなのですよ。というわけでエピソード3はデジタル上映で劇場をチョイス。DLP目当てに久留米のT-JOYへ行く予定です。デジタル映写が目的なので先行は見送りました。先々行はもちろん先行上映もフィルムのみらしいので。そしたらトラックバックした記事ですよ。かなり気になる。いったいドコに配備されるんでしょう??映像はもちろん、音声もかなり気合い入ってそうだし。国内6個所。んーーーー、どこだろうなぁ。ワーナーマイカルと東宝シネマだと、既存の拠点数が多すぎだしT-JOYはすでにDLP入ってるし。aeonシネマ??でも、それだと5個所なんですよね。うーん、どこになるんだろう。気になるー。そういえば、キャナルってドコ系だっけ?しばらくしたらドルビーのページに詳しい情報載るかな?

駅前…

2005年6月24日 金曜日takafumi

新栄町駅前です。井筒屋の建物が無くなってました。駐車場になってるところ、昔々ユニードがあったところ、から駅方面の眺めです。直接駅が見えちゃってます。左手奥に見える白い建物がサンリブかな。これってこの後どうするんでしょ。お約束で駐車場?福岡までDoor to Doorで1時間!ってウリでマンション?商業施設はアリエマセンよね…さすがに。そして素朴な疑問。井筒屋って地下フロアありましたよね?あれってどうなってるんでしょう?瓦礫が詰まってる?でも、それだとその上に建物建てちゃって大丈夫なの?それとも瓦礫は瓦礫で取り除いて土持ってきて埋めちゃう?…どっちにしろ大変そうだ。やっぱり駐車場かしら?

星空満喫

2005年6月23日 木曜日takafumi

プラネタリウム見てきました。もちろん大牟田文化会館で。6/5〜9/4までは夏番組ということで「宇宙どこまであるの?物語」というのをやってるそうです。なかなか楽しそうな番組ですが…なんでも今日は機械の調子が悪かったらしく夏の星座を生解説(?)していただきました。プラネタリウムとリアル星空でいちばん大きな違いは神話っぽい絵が出るトコロだと思うのですが、やっぱり格段に星座は見やすくなりますね。たぶん今度空を見上げたときは星座がつながって見えるはずッッ!そして最後に大牟田だとこんな感じ?って明るさを見せていただくと…星の数がとんでもなく減ってました。(笑確かにこれだと明るい星しか見えなくてある意味星座とか探しやすいかも。でも、迫力としてはイマイチ。私のうちは中心部からかなり離れてるので多少は暗めの星も見えますが、やっぱり阿蘇とか行くと全然違いますから。とまぁ、プラネタリウムを満喫してきました。グルグル動く☆も見られたし。やっぱり早回しがプラネタリウムの醍醐味だよなぁ。以前見に行ったときは「これは普通にスライドで十分なんじゃ??」って内容でしたけど、今回は大満足です。来週辺りにまた行けば、今度は夏番組見れるかな。

何が起きたの?

2005年6月20日 月曜日takafumi

ぶっちゃけありえないイベントだったアメリカGPについてまとめてみました。補足・訂正・ツッコミ大歓迎です。そもそもの発端は?金曜にTOYOTAで起こった2件のタイヤトラブルを調査したところ、ミシュランタイヤにレースを完走する耐久力がないことが判明。「10周以上周回したタイヤでターン12/13(オーバル部分)を高速で走行するとタイヤがバーストする可能性が非常に高い」ミシュランの対応は?オーバル部分で速度を落とすように各チームへ通告。土曜のフリー走行時には各チームは10周以上使用したタイヤではピットをドライブスルーして、オーバル部分を走行しないことで対応。予選では新品タイヤを使用するため、通常通りに走行した。同時に代替タイヤ(スペインGP時に使われていた構造)の輸送を開始し、FIAに対して代替の旧タイヤ使用を要望した。FIAの対応は?レギュレーションでは2種類のタイヤを持ち込むことになっており、そのうち1種類は耐久性を重視したスペックであるべき、としてミシュランが新たなタイヤを投入することを拒否。以下の選択肢を示した。・ターン12/13で速度を落として走行する・ペナルティを前提で代替タイヤを使用する・繰り返しタイヤを交換する(ただし、安全上の理由に基づいて)その後のミシュランの対応は?日曜朝、ターン12/13の通過速度を落とすためにシケインを設置することをFIAへ要望。シケイン案へのFIAの対応は?コースレイアウト変更を行った場合、レギュレーションによりチャンピオンシップポイントが与えられないレースとなるため拒否。(仮に採用された場合、適切なタイヤを持ち込んだブリヂストンユーザーにもポイントは与えられない)最終的な対応は?フォーメーションラップ終了後、ミシュランユーザーは全車ピットへ。そのままリタイア。どうしてフォーメーションラップには参加したの?コンコルド協定でチームは全レースに参加する義務があるから。フォーメーションラップに参加することでチームはレースへ出走したこととなる。同時に全車出走はしているのでレースも成立する。ミシュランユーザーの行動に対してFIAは?ミシュランユーザー7チームに対して6/29に世界モータースポーツ評議会での聴聞会へ出席を命令。ミシュランの主張としては安全を最優先した結果だそうですが…現場だけじゃなくて、タイヤを作る段階から安全を考慮して欲しいものです。