うさんくさい Adobe 製ソフト

たとえ電子署名されていようが、フォントが中国語だと胡散臭さがすべてを覆い尽くすとよくわかります。

中華なCC

この場合、ボタンを押す=インストールを許可する、なのでかなり勇気が必要です。そしてこんなのに慣れちゃうと、ホントに危ないソフトを踏みそうになったときのブレーキが効かなくなりそう。

しかし、ひらがな・カタカナと中国語の字形を同時に表示するのってちゃんと日本語にするよりめんどくさいんじゃないかと思うんだけど、どういうことなんだろう?

そんなことより Adobe の中の人は何をやってるの?もしかして日本支社の中の人は宣伝だけ?

安いソフトじゃないんだから、ちゃんとやって欲しいもんです。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です