雪舟で、み展


7月からやってたらしいですが、最終日に行ってきました。というかやってることを知ったのが数日前だったり。:oops:

雪舟で、み展 – 石橋美術館

石橋美術館へは以前ピカソを見に行ったというのは思い出したんですが、まぁずいぶん昔の話です。

展覧会のタイトルになっている「雪舟」の作品は1点のみ。しかも最後の1点ということで、その前にいろんな作品を見るわけですが、これがなかなかすごかった。所蔵作品のベストメンバーといった感じ。実際、美術館のリーフレットに「おもな所蔵作品」として掲載されている絵画系のものは全て展示されていました。しかもそれらが割と固まって並んでいたのには絶句。鳥肌ものです。

作品も良かったですが、展示というか解説というか注釈というか、見せ方もこれまで見たこと無い感じでした。そもそも企画自体がユニークですが、それにしっかり合ったイメージでとても楽しかったです。

とはいえすでに終了済み。なのでこのエントリは記録にしかなってません。この前の浮世絵もそうでしたが、こういうのはもうちょっと早めに行くようにしよう。:oops:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。