久々にリップ

なんだかいきなりある曲が聴きたくなって、数年ぶりにCDからmp3作ってました。最近のCD(もどき)だとリップ(CDからデータを取り出すこと)出来なかったりするらしいですが、ちょうどその時期から買おうと思う音楽も無くなったので今回mp3へ変換したのは95年発売のアルバム。買ったのはだいぶ後になってからだと思うんだけど。というわけで、手順の覚え書きです。単純にmp3にしたいだけなら簡単なんですけど、ファイル名をつけたりID3タグつけたりと関係ないところが面倒。というわけで、CDDBをどうにか使えないかとあちこちのサイトをガサゴソしてみました。でも、結局数年前と全然変わってないのね。流れとしては以下のとおりです。vuplayer.comからplayer(ソフト名:笑)をダウンロード。CDDBへアクセスして情報をもらってきたらcdplayer.iniへ書き込む。書き込みは設定でチェックボックスをチェックすれば自動でやってくれます。と、よく考えたらココまででおしまいなのか。あとはたぶん、エンコードしてくれるソフトが勝手にやってくれそうだ。ちなみに今回、CDexというソフトを使いました。できあがったファイルの保存位置がアーチスト名¥アルバム名¥曲順-曲名.mp3って感じになるので便利です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です