ubuntu Windows based installer

前回のエントリの発端になった ubuntu のインストールについてちょっと。最初はこのインストーラーを使って遊んでました。どういうものかといえば Windows 上からアプリケーションとしてインストールしてしまいます。不要になったらやはり通常のアプリケーションのように、コントロールパネルのアプリケーションの追加と削除から削除できます。でも、いわゆる VM ではありません。起動時にブートする OS を選択するらしいです。それっていったいどうゆうことよ?と思いながら試してみましたので、そのお話です。

とはいえ、みんなやってみよー!ってノリの話じゃないのでかなり不親切です。 😉

まずはインストーラーをダウンロードします。の前に必要な URL を。まずはフォーラム。これはスレッドの先頭ですので必要なことが書いてあります。ファイル自体のダウンロードはリンクされてる wiki から。ダウンロード用のリンクは見ればわかると思います。ただしトレント以外はいつまでたっても落ちてきませんので実質1択です。

ダウンロードできたらおもむろにダブルクリック!フォーラムにも書いてありますが、わたしが気づいた注意点は

  • ちゃんと空き容量を確保しておく
  • カスタムインストールは未実装
  • たぶん Kubuntu とかも未実装
  • できればデフラグしておく

ってとこです。基本的にはたぶん問題ないはず。容量が足りなくてもエラーは出ません。5Gぐらいあればたぶん大丈夫。インストールが終わったら再起動するかい?と聞いてくるので再起動します。ここで最初は引っかかりました。スプラッシュからプログレスバーがまるっきり進まず、だんまりになったあと数分後に tty がない、とかってエラーメッセージを吐きます。これはわたしのマシンが古めで HD がパラレル ATA 接続なのが原因でした。電源を投入して OS を選択した後 ESC を連打していると起動オプションを選択・入力できるようになりますので、hda (だっけ?)を選択します。確か上から3番め。:lol:

その次に止まったのは起動中に USB の初期化を(たぶん)してるあたりでした。フォーラムでは「とにかくひっこぬけ」とアドバイスされてましたがわたしはマウスもキーボードも USB なので全部というわけにはいかないけどなー、とつぶやきながらマウスとキーボード以外を外したら完走できました。起動成功です。

起動してしまえばこれといった問題もなく動いているようでした。後になってから気づいたんですが、ディスプレイカードドライバがちゃんと読み込まれず、汎用ドライバが使われていたようです。でもそれ以外はこれといって問題無し。ネットワークも DHCP をちゃんと見てくれたらしく特にはなにも設定しませんでした。

肝心のしくみはというと、grub というブートローダのおかげのようです。NTFS 上のディスクイメージを読み込んでそこから起動するというトリッキーなことをやってくれてる、はず。たぶん。自身で簡易なシェルも持っているとか。すげー。

というわけで個人的には ubuntu のつかいやすさとかより grub のすごさに驚いてしまいました。:oops:

そしてこれもフォーラムにかかれていますが、アップデートすると起動しなくなります。:roll: ですので常用はしない方がいいと思われます。インストールされるバージョン自体開発版みたいだし。

そんなわけで安定版の ubuntu を使ってみよう、とまずは CD イメージをダウンロードしてみたわけですが・・・つづく、ってことで。

1件のコメント

  1. ピンバック: やおよろグッ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です